メルカリとラクマどっちがいい?ラクマで出品したほうが良いものとは

フリマ・買い取り

メルカリとラクマを1年間使ってきたので、比較してみたいと思います。

メルカリの特徴

・7000万DL突破 ※
・販売手数料10%
・振り込みまで1日~7日かかる

※ 2019年2月26日時点

メルカリは人気のフリマアプリでユーザー数が多い印象です。手数料が10%と高いですが、らくらくメルカリ便などを利用すると補償もしっかりしていて使いやすいアプリです。通常は月曜日までの振込申請で金曜日に入金されます。お急ぎ振り込みを利用すると翌営業日~翌々営業日に振り込まれます。

ラクマの特徴

・販売手数料3.5%
・最短当日振り込み可能
・購入申請の有無が設定できる

ラクマは楽天が運営するフリマアプリで、メルカリより少々売れにくい印象があります。手数料は3.5%と安いのが特徴です。楽天銀行の口座を持っている場合、8時59分までの振込申請で当日振り込みが可能です。また「購入申請」をありにしておくと申請を受けてから販売するかを決めることが出来るので、価格交渉中に他のユーザーに購入されてしまうという心配がありません。

基本的にはメルカリが売れやすい

メルカリはユーザー数が多く売れやすいので、基本的にはメルカリで出品するのがおすすめです。販売手数料が10%と高いので高価なものは手数料が気になりますが、その分補償はしっかりしているという印象です。高価なものは補償のある配送方法で出品しましょう。

ラクマで出品したほうが良いもの

・売れるまで時間がかかっても良いもの

ラクマはメルカリよりも売れまでに時間がかかる場合が多いですが、急いでいなければ手数料の安いラクマで出品しても良いと思います。

・人気商品

出品後すぐに売れるような人気の商品はラクマで出品することをおすすめします。ラクマは「メルカリより売れるまでに時間がかかる」点がネックですが、人気商品に関しては問題ありません。ゲームソフトや人気の化粧品などはラクマで売ったほうが手数料が安い分利益になります。

■ 私がラクマで販売したもの

・ゲームソフト
・人気のヘアオイル
・家電
・スニーカー
・知育玩具など

メルカリ・ラクマどちらでも売れるものは手数料の安いラクマで販売しています。ただし、商品の価格や配送方法によってはメルカリの方が利益が出る場合があるので注意が必要です。

例)らくらくメルカリ便の60サイズは送料600円ですが、かんたんラクマパック60サイズは送料800円です。手数料込みで200円以上の差がないとラクマの利益が高くなりません。かんたんラクマパックの60サイズで3,070円以下の価格設定をするのであれば、メルカリ便のほうがお得です。

メルカリ・ラクマ利益計算機

ラクマで人気のブランドは?

2019年2月26日時点の人気ブランドランキング(総合)は以下の順になっています。

1位:ナイキ
2位:ディズニー
3位:シャネル
4位:ルイヴィトン
5位:ユニクロ
6位:シュプリーム
7位:アディダス
8位:ニンテンドースイッチ
9位:ザ ノースフェイス
10位:アイフォーン

参考:ラクマ | 人気ブランドランキング

上記の人気ブランド(商品)は検索されやすいので手数料の安いラクマでの出品もおすすめです。

まとめ

とにかく早く売りたい ⇒ メルカリ
高価なものを安心して売りたい ⇒ メルカリ
人気のブランド・商品を売りたい ⇒ ラクマ
長く売れなくてもいい ⇒ ラクマ

有名ブランドや話題の商品でない場合は、多くの人に見てもらわないとなかなか欲しい方に出会えません。ユーザー数の多いメルカリが圧倒的に有利です。またメルカリ事務局はトラブルへの介入が比較的早く、高価なものを売るときは「らくらくメルカリ便」等の補償付きの配送方法を利用するのがおすすめです。

そうでない場合はラクマがおすすめです。やはり手数料3.5%と10%の差は大きい!ラクマで反応を見て、時間がかかりそうであればメルカリに移行するというのも良いと思います。